« またね。 | トップページ | 「ねこのひげ」公開 »

猫びより

                                      200804120059000

   これは猫です。

                                         

                     

200804120056000

   これでも猫です。

 

                                             

                                              

                                              200804120054000

   猫ですってばーっ!!

   

       

  

   「猫びより」 5月号(日本出版社)、本日発売!
   私がcat載ってます。

|

« またね。 | トップページ | 「ねこのひげ」公開 »

ねこ」カテゴリの記事

コメント

わっ~なんでしょうツチノコかなと思いましたよ!
「猫びより」で確認しなくちゃねぇ。

投稿: ペコ | 2008年4月12日 (土) 07時37分

catねこは、impact太陽の光を受けて受けて…
受けて…そして何をするのでありましょう。

Camomileの方の猫記事には大ウケしましたが、
これもまたすごいなー
emiさんは猫ギャグになると気合入りますね!

なんと今日発売。。。
もしかして神楽坂の記事でしょうか
買っちまいますよ。

投稿: LittleFish | 2008年4月12日 (土) 07時51分

今朝 寒くて目が覚める
窓の外に目をやると 舞い散る小雪
やっとcherryblossom春らしくなったと思っていたのですがtyphoon

こちらは五月初旬でも雪降ることがあるくらいです。
ちなみsun夏と冬snowの最高温度差 なんと50℃デス。

食堂のdoor扉を開くと
そこには謎の物体
毛の生えた 特大かりんとう(?_?)

何と catねこぴんちゃんでしたかっ
しかし しっぽでアイマスクとは便利です。
typhoon寒くて丸まっていた
今日の自分の寝姿を見ているようです。

catびより 店頭に無かったのでネット注文しました。

猫といえば もうすぐ公開「ねこのひげ」
しかし東京か~
ご存知の方もあるかと思いますが
emiさんが唄うエンディング・テーマには 
こんなpenエピソード
ページ下段 次のページにも有ります。
    ☟

投稿: SHIROH | 2008年4月12日 (土) 12時30分

そうです、以前書いた神楽坂の一件です。
また、感想などありましたら
お寄せ下さい~cat

特大かりんとうとは・・・
なるほどです。
以前住んでいたhouse家の庭で、一時毛虫が
大発生したのですが、家のねこと同じ色合いで、
あの写真に似ていました。
北海道はまだsnow雪がちらつくなんて、
日本は長いんだな~と
つくづく思いますね。
沖縄の様子も聞いてみたいものです。
それにしても夏と冬の差が
最高50度もあるなんて、
それだけで、体が疲れてしまいそう~wobbly

投稿: emi | 2008年4月13日 (日) 02時07分

ねこ色の毛虫は知ってます…
確かにemiねこちゃんと同じ色です。
そして彼らは大発生します!

昔、祖母宅の草木に、やつらは
ムシムシ大行進をしていました。
祖母が駆除しなかったので、私が一部駆除
したのですが、なんで祖母が駆除しなかった
のか、この年になってやっと分かりました。
毛虫とはいえ殺したくなかったのですね。

でも鑑賞するための庭での大行進は…
駆除が正しいですよね。

投稿: LittleFish | 2008年4月13日 (日) 10時24分

巨大ツチノコ 特大毛玉かりんとう
何度見ても うぷぷっ と
思わずにやけてしまうcameraショットですhappy02
ふふっ

cafeカフェ内エッセイのcatバランスボールのも好きです。

今日も肌寒い一日ですtyphoon
昨日はあの後もっとsnow降ってきましたのです。
小雪といっても のりピーではありませんsweat01
(あんちゃーん‼ と自らつっこむ)
こちらは夏は30℃以上
冬はマイナス20℃を超えることも
季節の変り目はなかなか堪えますです。

うちも わんさか虫が発生したことがあります。
毛は生えていなかったかな?
白樺の葉に黒くて小さめのやつ
まめ林檎の木に 山ワサビのはっぱに
大きくて微妙な色のやつ わっさりと
大抵蛾の幼虫と思いますが飛立ったとこを
見たこ無いので違うのかな
たしかcatねこぴんちゃん色の毛虫を
小学生の時に見た記憶があります。
かなり大きめのやつ毛が長くて
あの毛に触るのは駄目だと聞いたことがあります。

世間ではあまり識られていないことですが
葉っぱやなんかを食い荒らす虫たちも
役割がって発生しているものです。
あらゆる現象には何ひとつ無駄がないのですね

実は人間が自然をけがした時に発生し
毒を食べ浄化するために
ちょーど宮崎監督の「風の谷のナウシカ」の
オーム達のように
あの物語は良く出来ていると大人になって思いました。
傲慢な行為で自然を汚した人間
植物が自分達の体に毒を取り込み土を浄化する
それを護る虫の番人(番虫?)

なにゆえ自然の調和が崩れるのか
あまり知られていない一事があります。
それは農薬や化学肥料を植物の栄養だと勘違いした
アンポンタンな人間
土そのものに栄養があるとも識らずに
反自然に対する浄化作用
害虫と呼ばれるものは汚れたとこから湧く
自然発生的なのです。

虫の発生
それに対抗 新農薬
その結果新種の虫が発生
薬の数だけ虫が沸く
そのイタチゴッコ
大自然 土の性能を軽視したことによって発生する
不調和の結果
土自体に植物を育てる栄養があるのです。
汚さなければ
風水害で田畑が流されるのも汚れた土を洗うため

実はsun天候rainを左右するのも人間次第
国民全体が興奮状態にある時はsun灼熱に
愛が乏しい時はtyphoon冷害に

人間の心・言・行によって天候に作用します。
想い 言葉 行いのそれで
悪の心言行はtyphoon曇りとなって低気圧に
善の心言行はshine光となって空間を浄化します。
emiさんの唄のようにshine

danger意見には個人差が有ります。ご了承下さい)

cat「猫びより」ではありませんが過去にこんな記事も
    ☟

投稿: SHIROH | 2008年4月13日 (日) 17時46分

「猫びより」5月号拝見しましたcatおおねこさんとの微笑ましいツーショット、神楽坂で対面した猫ちゃんと満面の笑みの恵美さん、とっても素敵でしたhappy01 いいお写真を見させて頂きました~幸せな気分になりましたsun

投稿: 名古屋めし | 2008年4月13日 (日) 20時35分

 スゲーなこの雑誌…ねこ記事百連発だ。。。恵美さん!見ましたよぉー。いまさらですが、私も実はねこ飼ったことがありまして。そしてさよならしたこともあるのですが…でもペットの話を聴いても涙することはほとんんどないんです。男ですから。ですけど、emiねこちゃんの、最初は人ぎらいで恵美さんにシャーシャー言ってたというくだりを読んで、不覚にも目から目薬がこぼれてしまいました。私は学生時代に、凍った川の上で捨て子猫を助けたことがあるんですが…凍った川に降りて子猫に、おいで!と呼んでもこないのですよね、何かを恐れて。そこで心から「助けてあげるからこい!」と言ったら来まして。足元の氷すこし割れましたけど救出しましたね。その子猫とは上京まで一緒に過ごすことになるのですが…助けてすぐは、うんちが黒いごみのようで、どうも食べられないものも食べていたようでしたね。ひとなつこいかわいいものが愛されるのは、それは大いに結構だし私も好きですが、一癖あるようなものにも、きっと何かのわけがあるのですよね!おー「虹の橋」特集が1ページまるまる載っている。なんか詩集のようです。おーemiさんとおおねこさんがYOUTUBEを観ているぞ!おおねこちゃんパソは温ったかくても乗っちゃだめだよ壊れるから…。以上猫びより記事の感想でした。

投稿: LittleFish | 2008年4月13日 (日) 20時40分

オゥ ノーーウッ…_| ̄|○

cat土日挟んでの注文なので
発送連絡すらありませぬ
他のbook本屋にも置いてないし
ど田舎では無いけど びみょーな都会 吾街
品揃えも微妙です。

自分は メダカ 亀 ブラックうさぎ いぬ(ホワイト・テリア?の雑種)なんかで
みなレインボー・ブリッジゆきです。
(レインボーブリッジ封鎖出来ませーんsign03
catねこは ほんとに初見でなつかないですねー
でも初めて会ったのに すり寄って来たねこが
これまた ぶっさいく
ものすご人なつっこく スリスリしてくるのに
やっぱり不細工
ちっと残念

投稿: SHIROH | 2008年4月14日 (月) 00時00分

みなレインボー・ブリッジ行きとは。。。
ここ一番のギャグがでましたね。

猫はそうそう病気にならずに生きてくれますが、
私の場合は熱帯魚なんかみな
レインボー・ブリッジ送りですね。

♪ 虹の~橋がー待ってるよぅぉー
ってな具合で。

投稿: LittleFish | 2008年4月14日 (月) 00時35分

お気に入りの美しいこのページを記念に
shineRainbow Bridge  虹の橋でshine
     ☟

投稿: SHIROH | 2008年4月14日 (月) 22時11分

やっときますた cat猫びより
予想以上に分厚い雑誌 全編ほぼフルカラー
ねこだらけcat
すごいっス

想像以上の充実記事
エピソードもおもろいです。
ねこさんもかわいいです。
そして賢い
前々から思っていましたがemiさんは猫顔です。
catねこパンチおもしろです。
虹の橋
やっぱり詩だけでもグッときます。
じわっと目から海水がwave
YouTubeごしの
後方にうず高くつまれた本たちが気になります(happy01

catねこきゅうマウスパッドほしいかも


   ∧∧
   ( ^∀^)
   ;'   ,|
~(,,, UU)

投稿: SHIROH | 2008年4月16日 (水) 18時25分

はて。
うずたかく積まれているのは
CDの山のように私には
思われるのですがaries

投稿: LittleFish | 2008年4月17日 (木) 13時34分

皆さん、pen感想ありがとうございました!
おおねこさんという名前の割りに
小柄ですねといわれますが、
happy01人間もcat猫も肥満は大敵、
長生きしてもらいたいので、
摂生させています。
しかし他のclipページの猫ちゃんたちも
ふくよかでheart04可愛いですね。
あのbook雑誌、猫好きの人にはたまらないlovely
猫の自然の姿が満載ですね~

ちなみにcamera写真の背後に写っているのは、
CDでございますね。

投稿: emi | 2008年4月17日 (木) 14時44分

CDでございましたかっ
うーん
一瞬迷ったのですが
CDにしては大きく見えたので
遠近法錯覚でございましたのですね
よくよく見るとコンポの上に乗っかっているのですね

emiさん摂生管理によって
ほんとにスリムな、ねこちゃんと思いました。
そしてひじょーにいい写真です。

投稿: SHIROH | 2008年4月17日 (木) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206915/40853042

この記事へのトラックバック一覧です: 猫びより:

« またね。 | トップページ | 「ねこのひげ」公開 »