« 心の輝き物語り | トップページ | 優しい気持ち 温かい言葉 »

楽しかったね、ありがとう。

2008年10月21日正午過ぎ、
大切な、大切な、ねこさんが                 Kif_1202_4
虹の橋に旅立ちました。
18歳でした。

17日の夜、仕事から帰って来ると
いつものように迎えに出て来なかったので
様子がおかしいとすぐに気がつきました。

案の定、吐きたくて吐けず、
苦しそうでした。
何とか吐こうとして、フラフラして
倒れてしまいました。

こんな姿を見たのは初めてでした。

その後は自分でソファに飛び上がって
じっと寝ていたので、
とにかくそっと寝かせてあげよう・・・

と様子を見ました。

翌日は大阪へ前日入りする日でした。

いつもなら3泊4日くらいはお留守番
できるねこさんですが、
こんな状況ではひとりにさせておけないので
急遽、マネージャーの実家に
預かってもらうことにしました。

車に乗せて一分くらいで、
もう口を空けて、はあはあ苦しそうです。
ここから約一時間、とても車は無理だと
判断。近くの獣医さんを訪ねました。

土曜日の12時過ぎ先生のいらしゃる           P1100078_3 
病院が近くにありませんでした。

乗るはずの新幹線を変更して
結局家に戻り、4時にもう一度
一番近い病院に行きました。

レントゲン、血液検査の結果。
高齢のねこには避けられない
慢性腎不全の影響で、貧血だということ。

そして・・・かなり危険な状態だということ。

この日にどうしても大阪入りしなくては
いけない事情を話し、24時間体制ではない
事と、預かっている間に亡くなる可能性もある
事を承知の上、21日まで預かって戴くことに。

そこから大阪へ。
あんな状態のねこさんを置いて行くことが
本当に、辛い日々でした。

毎日2回マネージャーが病院へ様子を聞いて
くれました。

「落ち着いているそうです」
「お水も飲むし、ご飯も少し舐めるそうです」

そんな事を聞くと、ほっとして涙が・・・

戻ったら、あれもしてあげたい、
これもしてあげたい・・・
精神誠意、つきっきりで看病してあげよう。
21日戻ったらしばらく旅がないから
可能な限り一緒にいてあげられる・・・・
そんな事ばかり考えていました。

なんでこんなに時間が長いのだろう。

そんな3泊4日でした。                   Kif_1102_4

21日の朝、新幹線を早めて
祈る気持ちで東京へ。
12時少し前に病院に着きました。

先生が診察台に連れてきただけで、             
もう、はあはあ言い始めます。

先生の説明は今朝の血液検査の
数値は、かなり最悪だということ。
このまま病院に置いてここで亡くなるか
自宅に連れて行って、看取るか・・・
飼い主さんの判断ですと、言われました。

その時は、「私が何とかしてみせる
今までだって何匹も看病して
治して来たんだから・・・」と
心の中で決心、連れて帰りました。

しかし3分くらいの距離でもう苦しそう。

目を見開いて、口を空けて・・・
こんなに苦しそうな姿は見たことありませんでした。

部屋に戻って、ソファに寝かせても
一向によくなる兆しがありません。
最初は耳元で「頑張ってねこさん!」と
何度も何度も言いました。

いつものんびりなねこさんが                    
こんなに苦しそうに、病と闘っているのを                             P1020903_2                      
見ていたら、
頑張ったりしなくてもいい・・・
そんな気持ちになってきて
私も何と闘ったらいいのかわからなくなって
しまいました。

よく、ふざけてねこさんに替え歌を
歌ってあげたな・・・・
歌が大好きだったねこさん、
歌ってあげたらいつもみたいに
ゴロゴロ言ってくれるかな・・・

頭がとっちらかって、替え歌が
出て来ないのですが、とにかく
「ねこしゃん、しゃん・・・」と
子守唄のようにくりかえし歌いました。

何度か大きく息をしては、
止まったみたいになり
また大きく息をして・・・止まったみたいに。
「うぉ~」と声も二回出しました。
そのうち、苦しそうな顔が柔和になりました。

「ねこさん、ねこさん・・・・」

いつしか本当に息が止まったままになりました。            

いつもふにゃふにゃのねこさんの体が
もっとふにゃふにゃになってしまいました。


「時間が足りなさ過ぎるよ、ねこさん・・・
私これから一生懸命看病しようと思ったのに、
家に戻って10分ちょっとだもの・・・
何にもできないよ、これじゃ・・・・」

初めて家ねこになったときから、                                Kif_2654_3
トイレのしつけも
教えないのにちゃんとできて、
それ以来一度も、粗相もなく
お留守番中も、部屋の中を
荒らすこともなく

人の言うことがよくわかり、
何でも人間に合わせてくれて、
いつも待たせてばかりで・・・
何一つ迷惑をかけることなく

最期も、最低限迷惑をかけずに
私の仕事がふっと落ち着いた頃合を
見計らったかのように
あっという間に逝ってしまいました。


もっと、迷惑かけて良かったんだよ。

だけど、その日から3日間、
ずっと一緒にいられたから、
立派なお葬儀もやってあげられたね。


小松原さん、宇戸くん
マネージャーの関本君、
ずっと昔から友達で
ねこさんが家に来た時代から知っている
シンガーのケイコちゃん(飼い犬のアンジェちゃんと)
そして、隆二君も来てくれました。

こんなにみんなに見送ってもらえて
幸せだね、ねこさん。

ねこさんからは本当に
たくさんのものをもらいました。
「ありがとう」をいくら言っても
足りないくらいです。

私といえば、もっとねこさんが
欲しがるものを、(体のことを考えて
あんまり食べさせなかったから)
あげれば良かったな~
などに始まり後悔ばかりです。


最近は毎朝起きた時に、
「今日も元気でありがとうね、ねこさん大好きだよ」
って声をかけていましたが、
正直まだまだ言い足りないです。

何か見るたびにすぐにねこさんの事を                         P1090989
思い出して涙が出てしまいますが、
めそめそもしてられません。

もうすぐ香港公演が控えています。

歌が好きだったねこさんにも届くように
頑張って歌わなきゃ!

簡単に書くつもりだったのに、
長い文章になっちゃった。
最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

また時々ねこさんのことを
思い出しては、綴ることもあるかもしれませんが、

今日は、このへんにしておきます。

|

« 心の輝き物語り | トップページ | 優しい気持ち 温かい言葉 »

ねこ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

泣きながら読みました…。
1997年に発売されたブックレットにたくさん写っているミャオが、ねこさんでしょうか…?

そうでしたか…。
きっと、虹の橋でうちの犬ラッキーと出会っているかもしれません。
ラッキーも今年5月末に天国へ逝きました。腎臓が悪く、手術をしたりしました。18歳でした。苦しさから解放され、両親の腕の中でゆっくり息を引き取りました。

昔…ねこさんの目と恵美さんの目が似てる…と、言っていた方がいました。
同じ『愛の景色』を見てきたからでしょうか?
これから先もねこさんは、恵美さんを通して歌を聞いたり…美しい景色を見て行くような気がします。

安心してライブが出来るように、ねこさんが自分の最期の時を選んでくれたのかもしれませんね…。だから、きっと、ねこさんが守ってくださると思います…。
うちのラッキーも、私が弾くピアノの音が好きで、よく吠えていました。

恵美さんのツアーが素晴らしいライブになりますように…。
そして、ねこさん…私もねこさんを忘れません…。

投稿: ちび | 2008年10月29日 (水) 06時51分

ねこさんのこと、木蓮の涙を聞いているときで、つい涙が出ました。幸せな恵美ネェさんとねこさんと思います。
品川教会に行きます。応援しながら聞かせていただきます。
ねこさんと一緒に歌って下さいね…。

投稿: コウイチ | 2008年10月29日 (水) 08時06分

ねこちゃんのご冥福をお祈りいたします
大切な家族を亡くす事はとても辛いですよね。
早く元気になってください。
また、だいぶ寒くなりましたので風邪をひかないように
健康には十分気をつけて下さい。

ミュージックフェア拝見させて頂きました。
赤のワンピース素敵でした、良くお似合いでしたよ。

投稿: yuko | 2008年10月29日 (水) 21時34分

恵美さんの深い思いのこもった文書を読み、思わず涙しました・・・私の飼い犬ふく子も、6年前のちょうどこの時期に亡くなった事を思い出しました(16歳半でした)。我が身の事の様に感じて、おかけする言葉がなかなか見つかりません・・・ねこちゃんのご冥福をお祈り致します。

 重ねてツアーのご成功をお祈り申し上げます。

投稿: 名古屋めし | 2008年10月29日 (水) 22時54分

ねこさんのご冥福をお祈りいたします。

拝読していて、思わず目頭が熱くなりました。
ねこさんは旅立ってしまいましたが、きっと
恵美さんがご主人で楽しい日々を送って来ら
れたのではないかと思います。
辛いでしょうが、ASIAN TOUR2008、ネコさん
の分まで頑張って、そして素晴らしい歌声を
聞かせて下さい。

投稿: skoma | 2008年10月29日 (水) 23時07分

ねこさん、きっとこれからもどんな時にも恵美さんのそばにいて
その、やさしくつぶらな瞳でそっと見守ってくれているに違いありません・・
歌い続けてくださいね
恵美さんの歌声が、今、様々な思いを胸に生きる人々のもとへと
あたたかな光を運んでくれます
がんばってください

投稿: ゆう | 2008年10月29日 (水) 23時16分

ねこさんのご冥福をお祈りします。

ねこさんと恵美さんの深い絆を感じて
同時に、胸が切なくなりました。

虹の橋でのんびり待ってるんでしょうね。

恵美さん!
これからも、ねこさんと僕たちに
素敵な歌を聴かせて下さいね。


アジアツアーにはねこさんも参加していると
思います。


投稿: カントリーマン | 2008年10月30日 (木) 00時03分

ついに来たのですね、その時が・・・

 さよなら  愛しい  君よ
 どうぞ  哀しまないで・・・

きっと、ねこさんも
そう言っているでしょうね

おむすび食堂を通して
僕の思い出の一部にもなっているねこさん

文から恵美さんの想いが
痛いほど伝わって参ります。

おつらいのに、ご報告下さって・・・
 
恵美さんのような立場の方は
どんな辛い事があっても
元気に人前に立たれるお仕事ですね。
本当に頭が下がります。

ご自分を責めないで下さいね
ねこさんは本当に
しあわせな ねこさんだったでしょう

たくさんの愛情を頂いて
特等席で恵美さんの唄を聴くことが出来て

会ったこともないのに、十二分に伝わってきます。
 
自分の人生を、精一杯全うしたのち
あの世からお迎えが来て

ひと足先に、この世の使命を終えたものと
再会することが出来る・・・

そんなことは頭で分かっていても
やっぱりつらいものですね
別れってのは・・・・
 
ねこさんは恵美さんの家族として
精一杯、天命を全うし
もうひとつの世界へと旅立ったのですね
 
そんな、ねこさんとの思い出を
またいつもの様に、おむすび食堂に綴って下さい。
 
 
 でもきっと 恵美さんの側には いつも ねこさんが見守っていて
 寄り添ってくれることでしょう
 

  +     ゜  . +  +。 ゜  ,. . .゜ .゜。゜ 。 ,゜.。゜. ゜.。 .  *。,
   . .   ゜  . o   ゜  。  .  , . . 。 * .゜ + 。  ゜。..。゜ +. 
 , 。 .    +  ゜ ☆。  。゜ . ゜。,  * 。゜. .゜  。 .  ☆   ..  
。 .  . ☆      .. 。 ゜ ☆ ゜ , 。.   。* 。 . . . .  , + 
          .   。  . .゜ 。 *. 。 .. ☆ . . .  .゜ +.  
 。 .  . .   .   .  。 ゜。,  ゜. + 。 ゜ , .   ,    ☆ .. 
    ゜  。   ゜  .  +。 ゜ * 。. , 。゜ +.    ☆゜.   . . .  .
 。  .   . 。 。゜. 。* 。, ´。.    。 。. ゜。+   .  .  。   . ゜
 .   。  ゜ ゜。 。, .。o  + ,゜。 *。. 。 。 .        . .. 
 ゜ .゜ ゜  。゜ + 。. +。 * 。゜。゜., ,+ 。゜. 。 . .   ,    ,   .
゜。゜+゜`, o。。.゜*。゜ 。.゜ 。    +。  。゜. ° 。 .   ,      ゜    
 。, .゜。 + 。,゜. o。 。+ 。゜.,  . ゜     ,   。     。   .   . 
 ゜. o * 。゜ ゜.。゜ 。+゜    ゜。 ゜ 。  ゜   * , +  .  .. 。
゜` .゜ . ゜. ゜. . ゜  .  ゜  .   ,  .     .  .   。      ゜ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
 , .        .           ,       .     .
     。            ∧∧          。
                  ( :;;;;;:,) 
.   .              /:;;;;;:|   
                ~(::;;;;;;::). 
    ‐''"´''"""''"`''""`"""''''"´'''"""''"`''""''''''"`"""''''``'‐

投稿: SHIROH | 2008年10月30日 (木) 03時03分

(。>0<。)あ~!悲しい 涙出てきて辛いです。18歳という年齢からするととても平和に生きて来たんですね。最後に一緒に居られたことは、息が止まる時は苦しかったかもしれないけれど最後まで平和に生きて、寿命をまっとうしたんだと思います。カタチは無くなって消え去ってしまっても、オモイは何億年いいえ永遠に残るものです。

投稿: N岡です | 2008年10月30日 (木) 10時10分

恵美さんの胸中を思うと、本当に言葉が見つかりません・・・。

この報告を書き上げる時にも、大変に切なくて辛かった事だと思います。

生活の中でも、仕事の上でも。
気持ちの上でいつも一緒に居たことは、文章からもヒシヒシと伝わって来て。
我が身の様に、涙が止まりません・・・・・。


恵美さん、ねこさん。
一言だけ、言葉を伝えさせて下さいね。

゛ねこさん、恵美さんと出会えて良かったね!゛

゛恵美さん、ねこさんと出会えて良かったね!゛

  と・・・。


投稿: hide鬼 | 2008年10月30日 (木) 19時47分

なんて幸せなねこさんなんでしょう。

そしてご恩をお返ししたくて、留守がちな恵美さんが
しばらくいらっしゃる日を選んでくれたんですね。

なんて幸せなねこさんなんでしょう。

そしてスゴイぞねこさん!!
お空から毎日恵美さんを見守っていてねぇ~。

お空はひとつ。
アジアの国々でもねこさんが恵美さんを見つめてくれるでしょう。

これまでのように。これからも。

心よりご冥福をお祈りします。

投稿: 椎名由紀 | 2008年10月30日 (木) 22時46分

ねこさんは恵美さんのぬくもりを感じながら旅立ちたいと強く願っていたのでしょうね。
そして、その願いどおり恵美さんに見守られ、大好きな歌声を聴きながらきっと幸せな気持ちで旅立っていかれたのでしょう。

大切な家族を失った時、人は必ず後悔をしてしまいますよね。
どんなに大事にしていても、尽くしたとしても・・・
後悔をするって大事にして尽くしていたからこそできるのかもしれませんね。

悲しみはすぐに癒えるものではありませんが、
時が経ち、楽しかったことや嬉しかった思い出が
胸に甦ってきた時、ねこさんのことまた聞かせてくださいね。

恵美さんもお身体大切になさってください。

ねこさんのご冥福を心よりお祈りします。

投稿: みなかあさん | 2008年10月31日 (金) 00時01分

長年一緒にいたペットって家族同然ですものねぇ~。
自分も、実家に帰省した折に、突然ペットの犬とご対面してビックリし。恐々と関っていたそんな初めの頃があり。そこから16~7年間、実家に戻ると愛犬に会えて癒されて。そんな当たり前が突然のように「死」を迎えて。
自分の場合は、「死」を迎えた後に、実家から「昨晩、亡くなった」と連絡を貰い、心の準備も何もない中で、遠く実家で逝ってしまった愛犬を想い、ずしりと重たい気分になったことを思い出します。
でも、一緒に過ごせて楽しかった思い出がたくさんあり、またいつか飼いたいなぁ~って思っているのでした。
その前に、自分(自身)の家族を作るのが先だな。

投稿: ちゅうちゃん | 2008年10月31日 (金) 17時39分

ねこさんの冥福をお祈りします。

寂しくなりますね。でも大往生をみとることができて、お葬儀まで出せたとのこと。公演先で訃報を聞くより何百倍もよかった。ねこさんも恵美さんが戻るまで頑張ったのではないでしょうか。

気を落とさないで、と言っても無理でしょうが、でもねこさんのためにも素晴らしい歌を歌ってください。

歌声は虹の橋のたもとにきっと届くことでしょう。

投稿: かないまる | 2008年11月 3日 (月) 22時21分

恵美さんのやさしい言葉の綴りに、あったかなひだまりの中で静かにまるくなる穏やかなねこさんを想像しました。

18年はとても長いですね。
大切に大切に。
元気になってください。

投稿: リコ | 2008年11月 7日 (金) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206915/42939565

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しかったね、ありがとう。:

« 心の輝き物語り | トップページ | 優しい気持ち 温かい言葉 »