« こっそりと… | トップページ | 自分の腕枕で寝ている猫 »

さよなら蝉くん。

我が家の無駄に広いベランダで
「ビービー」と音がしたので
見に行くと、太った大きな蝉が                      200908201013000_2
引っ繰り返っていた。

可哀想なので、虫が怖い私だが
bearing身震るいしながらも
長い箒で、表にしてあげた。

大きな自分の羽根を引きずりながら
ヨイショ、ヨイショと歩き始めた。

日なたは暑いから、日陰に行けるように
ずらしてあげても、また日なたに戻ってしまう。

もう、力もなく人生の最期のときのようだ。


妙な縁で、その最期の場所を
私の無駄に広いベランダに
してくれたようだ・・・・
(よりによって虫が怖い私の所を・・・weep


少し時間が経って、
力つきたようで、結局ひっくり返って
動かなくなっていた。


地上での蝉の人生は短い
彼は(彼女かな?)楽しんだろうか
でも、地中で過ごす時間は
虫としては長いらしいし、
それに、立派な体つきをしていたし
きっと充実していたことだろう。

そう、考えると大往生かも・・・・うんthink

と、センチになったり納得したり・・・


それに、彼は(彼女か?)shineラッキーだったかも

だって、その辺の道に落ちたら
近所のcat猫たちの、かっこうのおもちゃです


目をeyeまんまるくして、catcatcat数匹の猫たちが
一匹の蝉を追いかけるcatdash様子は、よくみかけます。
(そして、いつしか興味が薄れ、中途半端に置き去りにcoldsweats01

まぁ、猫好きな私ですから
猫には猫の事情があってのことだと
寛容には見ていますが、

命の最期に、まさかあんな生き物が
現われるなんてwobblysweat01、蝉の人生計画にもないでしょう。

うん、ラッキーな蝉くん。


・・・・しかし誰が片付けを?


私じゃ~んshock


そのことがずっと重荷で、午後は気分が重くて・・・

でも蟻がやってこないうちに、片付けたほうがいいし・・・・
ウジウジ、考えていました(だって怖いんだもんweep


結局、長~い箒とちり取りで
ひとり「キャーキャーsweat01」言いながら
無事に片付けさせて戴きました。
蝉くん、お疲れ様でした。
どうぞ成仏してください。
(虹の橋で待ってなくていいからねcoldsweats01


これも何かの縁です。
きっと私に最期を託してくれたのでしょう。

catねこさんの最期を思い出した。


明日21日は、10回目のcatねこさんの月命日です。

|

« こっそりと… | トップページ | 自分の腕枕で寝ている猫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

恵美さんお久しぶりです!(すごく)

恵美さんのお人柄に
ホロリ...

夏もまもなく終わりですね(泣)


こんな時期には
秋のスイカが身にしみます

投稿: カントリーマン | 2009年8月20日 (木) 23時31分

虹の橋で待ってなくていいからね…って、恵美さんsign01(笑)
本当に嫌いなんですね、虫。

私は職業柄、全然大丈夫です(^-^)v
ご近所でしたら、喜んで片付けに行ったのにflair

うちの猫ちびcatもアリや虫を追いかけるのが大好きですsign01玄関に入ってきたアリは、ちびの遊び相手っすsmile

ねこさんの月命日…私も祈らせてください。

投稿: ちび | 2009年8月21日 (金) 00時22分

蝉くん(さん!?)と

猫さんのご冥福を改めてお祈りさせて下さい。


命はいつか尽きてしまうものweep

…でもその後も思い出してもらえたら
何よりの供養になるのではないでしょうか。


しかしその蝉くんも猫さんも
素敵な恵美さんにご縁があって幸せでしたね!!

投稿: よすが | 2009年8月21日 (金) 09時03分

昨年公園で蝉の脱皮を偶然見ました!蝉が身体半分ヨッコラショと出てきたのです・・翡翠のような色がすごく綺麗で感動的でした。
家の周りには猫連が相変わらず凄いです、見慣れたのが急にいなくなったりと不思議です。今は虎のようなやつがよくいます.息子の車の幌の上でいつも寝ていまして、幌は猫の毛だらけ!退治しようとすると凄い目で睨むのでそのままです。しかし10匹近くは入るのかなぁ・・実に変てこりんなやつもいますよ!

投稿: ペコ旦 | 2009年8月21日 (金) 09時19分

夏の終わりに、アスファルトの上の蝉。
切ないですよね。

虫は嫌いでも美しい鳴き声は楽しめると思います。

私はお盆、田舎の夕方に聞くヒグラシが好きです。
サウダージ?

投稿: ふじわら | 2009年8月23日 (日) 21時36分

お疲れ様です!先日は「心のバリアフリー音楽会」ありがとうございました。

「心の輝き」聞かせてもらえた事が、まだ夢のようで信じられません!!

大島にも、アブラゼミがたくさんいます。こちらでは「ジージーゼミ」と呼んでいます(方言?)。
そのセミの声も、一日ごとに少なくなってきて、初秋を感じます。それでは、お体ご自愛下さい。

PS 私の家にもトラ猫がおりますので、機会がありましたら、お会いさせたいです。catship

投稿: 夏の旅人 | 2009年8月27日 (木) 15時56分

みなさ~ん、コメント
ありがとうございます!
お返事遅くなってしまいましたが・・・・

taurus「秋のスイカ」なんて
憎い事いいますね。
そういえば、そんな曲作りましたぁ。
もうすぐこの曲が似合う季節になりますね。
ありがとうございますm(__)m

cat蝉の数日後、今度は
初めて大きなゴキさんもやって来ました。
何も出来ない私は、ただ
目の前から消えてくれるのを、
祈るだけでした。
思いは通じたようです。
大丈夫な方がご近所だったら、
本当に頼みますのにcoldsweats01

piscesねこさんの冥福をお祈りして戴いて
ありがとうございます。
ねこさんが生きていたら、
蝉もゴキさんも
おもちゃになっていたことでしょうE:coldsweats01]

horse蝉が脱皮するところ・・・
見たことないですが
翡翠のようだと・・・
とってもキレイなんでしょうね。
抜け殻も光の具合で、様々な色を見せてくれますよね。

車の上で昼寝している猫・・・
よく見かけますね。
足跡も、ばっちりついていたり。
車のカバーでつめといだり
おしっこしたり・・・
猫害も色々ありますよね。
人によっては、正に天敵ですね。
すいませんsweat01
(猫の代わりにあやまりますcoldsweats01

bud確かに夏の終わりの蝉の最期は
切なく感じてしまいますね。
あと、もう少しだけ
鳴声を聞かせてもらいましょう。

ship伊豆大島は、今いい時期でしょうね~
のんびり海でも眺めて、過ごしたいものです。
今度大島に行ったら、トラ猫さんに
会わせて下さい~
みなさんに、ヨロシクhappy01paper

投稿: emi | 2009年8月27日 (木) 23時59分

この度、藤田恵美さんのblogにたどりついたのは、少々長い話にはなりますが、『虹の橋』の本が好きな小2の娘のために先日主人がCDもあった!と購入し、ジャケット写真をみて『ルクプル』の方ではないかな?と思い検索したらやはりそうで、『さよなら蝉くん』の文中に虹の橋のことが書いてあったので、間違いない!と思いました。娘も

投稿: るんちゃん | 2009年8月28日 (金) 21時32分

この度、藤田恵美さんのblogにたどりついたのは、少々長い話にはなりますが、『虹の橋』の本が好きな小2の娘のために先日主人がCDもあった!と購入し、ジャケット写真をみて『ルクプル』の方では?と思い検索したらやはりそうで、『さよなら蝉くん』の文中に虹の橋のことが書いてあったので、間違いない!と思いました。娘も1月に愛犬と別れ、家族で悲しみに暮れていた時、どこから探してきたのか『虹の橋』の詩を見せてくれて、家族の沈んだ気持ちを前向きにしてくれ救われました。こんな素敵な音楽にもして頂きうれしいです。これからもここに遊びにきます。

投稿: るんちゃん | 2009年8月28日 (金) 21時57分

「虹の橋」が縁で、riceballおむすび食堂に
いらっしゃったのですね。
ようこそ~happy01paper
亡くなられた、dogわんちゃんの引き合わせかしら?
娘さんにとっては、本当に
悲しくて、寂しい出来事だったでしょうね。
でも動物は、生きてゆく上での大切な
感情を、教えてくれますよね。
ゲームでは、感じ取れない
豊かな感情を、小さいうちから
娘さんにも育くまれたと思います。
私も、catねこさんを昨年亡くして
まだまだ、完全には立ち直れませんが
ましてや今年1月では、
dog色んな思いがこみ上げることでしょう。
そんな時またこのriceball食堂に
遊びに来て、思い出を語って下さいね。


投稿: emi | 2009年8月28日 (金) 22時15分

お返事ありがとうございました。またまた来ました。1月にわんちゃんを亡くしたと書きましたが、5月にもねこちゃんを亡くしてしまいました。こんなに立て続けにいなくなってしまうなんて。どちらも13年と長生きしてくれましたが、やはり悲しみは深いです。2匹ともとても仲良しだったから寂しくなったんでしょうね。偶然にも2匹とも月命日が同じなんですよ。何年たっても命日は忘れないですよね。いつか『虹の橋』で出会うまでは。

投稿: るんちゃん | 2009年8月29日 (土) 04時31分

dogcat二匹ともとっても
仲が良かったんでしょうね。
きっと虹の橋で走り回っていますよ。
寂しさをなかなか、埋めることは
出来ませんが、ゆっくり、ゆっくり・・・
行きましょうね。

投稿: emi | 2009年8月29日 (土) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206915/45982605

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら蝉くん。:

« こっそりと… | トップページ | 自分の腕枕で寝ている猫 »