« 宮崎 芸術鑑賞会 | トップページ | 広島の旅 その1 »

広島の旅 その2

悲しい話の中に、ささやかな救いを伝える
アオギリの木の話がありました。

Sany0122

1945年広島に原爆が投下され
「広島には75年間は、草木も生えないだろう」
と言われていたそうです。

そんな中、爆心地から約1300メートル離れたところで
熱風と爆風により幹半分が焼けて、
えぐられたアオギリが、翌年1946年の春に芽吹いたそうです。

この話は、当時の絶望の中にいた人々に
生きる希望を与えてくれたのです。

そしてそのアオギリが1973年、平和記念公園に移植されました。

その種から育てた苗木に
「平和を愛する心」を、後世に伝えるため
「被爆アオギリ2世」と名付け
様々な国へ寄贈されているそうです。

私も、地面に落ちている種を拾い
育ててみようかな?なんて思いました。
ティッシュに大事に包んで
とりあえずカバンに入れたのですが
夜、ホテルでいくら探してもないのです。
間違って捨ててしまったみたいなのです。
(心あたりがあります・・・とほほ)
まったく・・・ボケております。


これは、平和ボケでしょうか?


お後がよろしいようで・・・・・つづく。

|

« 宮崎 芸術鑑賞会 | トップページ | 広島の旅 その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

捨てた心あたりがあるだけ
まだましと思います!...(ぷぷっ

bud自然の力って
人間には計り知れないものがありますよね。

投稿: SHIROH.. | 2010年9月22日 (水) 02時22分

本当ですね。
生命のたくましさや
素晴らしさを
広島の復興に重ねて
すごく感動したお話だったんです。

投稿: emi | 2010年9月24日 (金) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206915/49441368

この記事へのトラックバック一覧です: 広島の旅 その2:

« 宮崎 芸術鑑賞会 | トップページ | 広島の旅 その1 »