« 京丹後のOMOIYARIに触れて | トップページ | 豊橋にて »

すごいな~、「ありがとう」を引き出す力って。

NHKのテレビ番組「プロフェッショナル」を観て
ボロボロ泣いてしまいました。
最近観た数々の映画でも、こんなに泣かなかった・・・・

東京山谷での「きぼうのいえ」というホスピスが舞台だった。

ここは、ボランティアで1億円以上の借金と寄付で
今回のプロフェッショナルの主役山本美恵さん
夫妻が建設した施設で、未だに赤字だそうだ。

そこに入所している人は末期がんなど
重病を抱えた身よりのない人たち
山谷という土地柄、日雇いなどでずっと生活をして
どこか世間を拒絶し、もしかしたら自分自身をも拒絶し
かたくなな心で生きて来た人が多い。

しかしほぼ、余命幾ばくかでここに辿り着いて
最初は無口、無愛想だった人たちが
この「きぼうのいえ」の人々の優しさにふれ
少しずつ口数が増えたり
「ありがとう」を口にするようになる。


「ありがとう」を口に出来るまでに
心を開けたこともすごいと思ったが
人の心の奥に眠っていた
「ありがとう」を自然と引き出した、
この施設の方々の行いが
すごいなぁ・・・・って頭の下がる思いだった。


たぶん、この施設にめぐり逢わなかったら
あんなに心ほぐれて、優しい気持ちで
感謝を伝えることもなく、人生が終わっていたかもしれない。


一週間で、亡くなった方がいた。


その亡きがらの横で、山本さんは
「○○さん、ちょっと大変な人生を生き切りましたね、お疲れ様でした」と
手を合わせて、泣いておられた。

なんて、凄い心の持ち主なんだろう・・・・


その亡くなった方の人生最期の一週間は、
幾つもの「おもいやり」にふれ、
「人生まんざらでもないな・・・・」とどこかで思えて
次の世界へ旅立つことが出来たのではないかな・・・・
という気がした。

再放送が、明日の深夜12時15分 NHK総合 (北海道・近畿ブロックはないそうです)
       20日の午前11時~   BS2

詳しくはこちらへ

「ありがとう」って、言ってもらうと嬉しいけど
それだけじゃなく、誰かの「ありがとう」を自然に引き出せる
ことって、素晴らしいことですね。
言った人も「ありがとう」を言うことで
何かが減るのではなく、きっと幸福が増えるのです。
「OMOIYARIのうた」の歌詞のワンフレーズも
実はそんな気持ちで作りました。

でも、今日このテレビを観て
あらためて実感させて戴きました。
是非みなさんも、ご覧になって下さい。

|

« 京丹後のOMOIYARIに触れて | トップページ | 豊橋にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カモミール・スマイルも素敵です。ありがとう。

投稿: のはらよう | 2010年12月14日 (火) 01時22分

ご無沙汰しています。
私も昨夜の番組を見ました。

プロフェッショナルとは、職業ではなく、
その事を安心して「ゆだねられる」人だと、
改めて思いました。

投稿: 夏の旅人 | 2010年12月14日 (火) 08時06分

私も途中からだったのですが、プロフェッショナルを観ました。
同じ看護の仕事をしています。自分の事で精一杯で頭で考えていても、自然の流れにまかせてすべての人を愛する心をもつことなんて、自分は未熟者で分からない事ばかりです。
山本さんは、マザーテレサのような人だなと思いました。

投稿: かずすけ | 2010年12月14日 (火) 10時24分

世の中にはすごい人がいるものですね。
何のためにかといえば、世のため人のため・・・
巡り巡っては、自分のためにでもあります。
気づいてはいても、行動するのが難しい。
今夜、再放送見てみます。
貴重な情報ありがとうございました。

投稿: ソラール | 2010年12月14日 (火) 14時53分

カモミール・スマイルに
ありがとうと言ってもらえて
嬉しいです。ありがとうございます!

「ゆだねられる」・・・・
マザーテレサもそうですが、
そういう懐の大きな人に少しでも
近づけたら・・・と思いますが
まだまだ、遠い存在ですねhappy02

看護の仕事をされているだけでも
尊敬に値しますよ。
そう、出来る事じゃないです。
自信を持って下さいね。

世の中にいい循環がたくさんあるといいですね。

投稿: emi | 2010年12月22日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206915/50295077

この記事へのトラックバック一覧です: すごいな~、「ありがとう」を引き出す力って。:

« 京丹後のOMOIYARIに触れて | トップページ | 豊橋にて »