« 南相馬慰問コンサートその5 | トップページ | 田中好子さん »

南相馬慰問コンサートその6

避難所を後にして
車を走らせて、
海の近くまで行って見ることにしました。

普通の町の風景から
海に近くなると、
少しずつ、何か違う気配を感じてきます。

ある道から、急にそれが酷くなってきて

Minamisouma25

「あ~、津波がここまで来たのだな」と思います。
警察や、自衛隊の車も頻繁に見かけるようになり
重々しい雰囲気に。



かみつれ雑貨店のスタッフの
幼馴染のかたが
南相馬市で津波によって
亡くなられたそうで
行ったら、手を合わせて来て欲しい
と、頼まれました。


海の方へ向かって
静かに手を合わせました。


Minamisouma24


家ごと根こそぎ倒されて
そこにあった「日常」が
めちゃくちゃに、ばらまかれたよう。
Minamisouma23

Minamisouma5 

たぶん、この辺りは
畑が多く、民家は密集してなかったようで
山ほどのがれきではないにせよ


海へ近づくと、被害も酷くなって行きます。


自衛隊の人たちが
行方不明者の捜索をしているのが
見えて来ました。



少しでも、この事実を見て
お伝え出来ることがあれば
と、海へ向かいましたが



放射能の影響で
ずっと捜索が遅れ
やっと、してもらっている
という、生々しい場所で
現場を見たり、写真を撮ったり
する気にはなれず




この先は、きっともっと酷いだろう
と予測がついたので
引き返して来ました。



短いブログにするつもりが
書いているうちに長くなってしまいました。
それは、なるべく細かく書くことで
みなさんの心に印象を刻んでもらって
忘れないでいて欲しいな・・・・



そんな思いが芽生えたからだと思います。

みんなが「自分は何が出来るだろう?」って
考えていますね。




たまたま私は、周りの人たちのお陰で
避難所まで、歌いに行くことができましたが






でも、それぞれの立場で思いを向けて
そして、行動してゆけばいいと思います。


今回の地震は大規模で
複雑な問題が絡んでいますから
阪神淡路の時より、復興には時間が掛るでしょう。




今回訪ねた、南相馬市のように
復興のスタートラインにさえ立てない
町が、幾つもあります。



そういう意味でも、最初だけがんばって
だんだん、トーンダウンしないように
静かに、沸々とエネルギーを蓄え
絶対風化させないで、行きましょう!




関東エリアに住む人間が使う、電力のために
福島の人たちは、大変な目に遭っています。




そして、魚や農作物・・・・・
私たちの食糧は、随分と東北にお世話になっていたんですよね。
そうやって、私たちは生かされている
という「感謝の気持ち」と


相手に何をしてあげたらいいか?
という想像力が伴う
「思いやり」が



今以上に、大事な時代になってくるのではないかな
と、ひしひしと感じています。




小さな世界の一端ではありますが
今回読んで戴いて、少しでも何か感じたら
ブログでもツイッターでも
メールでも口頭でも何でもいいので
誰かにお伝えして戴けたら、幸いです。




原町第一小学校に
避難されている皆様に
一日も早く「ふるさと」へ
戻れる日が訪れますように。


|

« 南相馬慰問コンサートその5 | トップページ | 田中好子さん »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

被災地ライブお疲れ様でした。

自分も仲間が津波で北上川の上流で亡くなりました。
先月はなんとか現地入りをしましたが、今月は観光気分の県外ナンバーが多くなって来たので仲間から違う意味の自粛を余儀なくしなくてはなりませんでした。
子供たち、住民の方々はホント笑顔で受け入れてくれてこちらが元気をもらった気分です。

ふるさとは心にあるし、あの復興精神が溢れている方々ですから必ず笑って暮らせる時が来ると思います。

:::ノ:ヽ⊂⊃ ⊂⊃
::ノ::ノ/ ̄ ̄\
|:::ノ/^^^/\/
|ノ⌒⌒仝仝仝//⌒⌒
| / ̄/ ̄/ /仝仝/
^` ̄  ̄/ / ̄ ̄ ̄
____/  / __
__    / |・∀・|ノ
 /   / /|__|
/    /  / /
    
 γ ̄ ̄ヽ
・⊂二二二⊃゙
 ( ´∀`)♪
 ( つ つ
・( γつ♪
 ・ヽ_)

投稿: りき。 | 2011年4月21日 (木) 16時07分

恵美さんのブログでこの震災は自分と繋がっている問題なんだと、より強く思います。
福島の現状を知れば知るほど無力感に襲われます。
東京で暮らす私の不平不満が地震を引き起こしたのかもしれない、とそんな事をふと思いました。
ずいぶんな考えでしょうが、子供のころから敏感でしたので怒っている人や焦っている人には近寄れなかったのです。その人の周りに静電気みたいなのがある感じでした。だから人が恐かった。
見えない世界を語る人はもっと恐くて、居場所のない思いをしてました。
でもこの震災で私も「欲望」みたいなのを放っていたんだと、気がついたのです。
(訳のわからない文でごめんなさい!)
本当に私の不平不満が震災を引き起こしたのだとしたら、自分の気持ちに対峙しないといけないとも思いました。

私は恵美さんの歌声で苦しい時に助けられたので、私のあの軽くなった気持ちが避難所の方々にも同じように感じられたのならいいなぁ、と思います。
受け取りかたは人それぞれだと思いますが。

投稿: 子育てママ | 2011年4月21日 (木) 23時07分

恵美さん慰問コンサートお疲れさまでした。

私も恵美さんの歌声に、日々の生活の活力をいただいているので、被災地の方々の心にも届いたと思います。

私達のあたりまえの生活が、地球を変えてしまい、世界でいろいろな災害が起きているのでしょうか。

でも、思いやりの心は世界の人々に通じていて、沢山の国から思いやりの心が届いています。

私も思いやりの想像力で、自分の出来る事を実行していきたいと思います。

投稿: かずすけ | 2011年4月22日 (金) 04時03分

Emiさんへ
福島の慰問コンサートご苦労さまでした
ギター演奏もしたのですね
被災者の方々と直接触れ合われている写真を拝見して感動しました
Emiさんが今出来る事なのですね
是非今後も続けていってください
長い戦いです
西日本に住んでいる自分も明日は我が身と言う気持ちです
Kei

投稿: Kei | 2011年4月22日 (金) 08時24分

りき。さん

被災された方々の、力づよさには
頭が下がる思いです。
見習いたいとともに
我慢しすぎず、過ごして行って欲しいな
と心より強く願います。

投稿: emi | 2011年4月25日 (月) 16時38分

子育てママさん

言われているとおり、
今回の震災は、広い意味で
自分ともつながっている気がしますね。
私たちの責任というか・・・

何が出来るか?と同時に
どう、生きるか?
考え直す、きっかけを
与えられたような気がします。
ピンチはチャンス。
苦境を体験したら、きっと
未来は、どうにでも変えられる
そんな希望も感じています。
自分の中で芽生えた気持ちを
大切にして日々、生きて下さいね。

投稿: emi | 2011年4月25日 (月) 16時45分

かずすけさん

思いやりと感謝を
キーワードに、
何かやれることを、共に
やって行きましょう~

投稿: emi | 2011年4月25日 (月) 16時47分

Keiさん

日本列島、地震大国。
どこで起きても、不思議ではないですよね。
その日の為に、備えて下さいね。
そして、御身体を大切に。

投稿: emi | 2011年4月25日 (月) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206915/51447727

この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬慰問コンサートその6:

« 南相馬慰問コンサートその5 | トップページ | 田中好子さん »