« 東日本大震災から6年 | トップページ

父の命日

3月15日は父の命日でした。

あの日、
明け方に危篤だと病院から電話があり、
薄暗い中急いで家を飛び出し
タクシーを拾おうとしましたが、
まったく走っておらず
あきらめ電車に変更。
駅までショートカットと思い
暗くてよく見えない畑道を通ったら足をすくわれ
なかなか前に進まない…
(東京でもかなり田舎です)

現実の中で悪夢をみているような感じで
何が何だかわからないまま
やっとこさたどり着いた新秋津駅から武蔵野線に乗り
西国分寺で中央線に乗り換え
立川からタクシーに乗り、
すっかり朝が明けた頃に病院に着きました。
いつもより長い長い道のりに感じました。
結局死に目にはあえませんでした。


そんなパニックのような朝から
29年経ち今日は寒くとも穏やかな朝でした。

最近は天国の住人になった知り合いも増えて来ました。
その分あちらの方達に思いを向けることも多くなった気がします。
自分もそんな歳になったんだなと思います。

Image

甘党の父にチョコレートを供え、
甘党の娘はのちに
パクッと戴きました ( ̄▽ ̄)

写真: ちびくろサンボの私と両親

今日も感謝。

|

« 東日本大震災から6年 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親を亡くした日。決して忘れられない一日ですね。
特に信心深いわけではない私ですが、やはり年相応に「あの世」のことを考えることが多くなった気はします。
でも、いずれは皆行くのだし、この世にやり残しの悔いが残らないようにしてから、ゆっくり行きましょう。

投稿: きょうのすけくまちゃん | 2017年3月16日 (木) 12時44分

お父様の命日でしたか。
私も父危篤の知らせを受けて上野から夜行列車で病院に向かい翌日病院に着きましたが、死亡退院したと看護婦さんから伝えられ呆然としました。
Emiさんの曲に♬”産んでくれてありがとう、いつか同じ年になるね”の一節がありますが、私はだいぶ前に追い越してしまいました。・・・合掌!

投稿: Blue Moon | 2017年3月16日 (木) 18時25分

天国に知人友人、私も増えてきました。
若くして亡くなった友人と
今50半ばの私が死んだ時に話が合うか心配になります。天国の住人は亡くなった時の年齢のままだと思うから。亡くなった親の年を自分が越えても不思議な感じがする気がしますね~。

投稿: のこ | 2017年3月17日 (金) 03時11分

一番悲しい瞬間を恵美さんに遺すまいと、お父様が親心で制してたようにも思えるお話でした😭

恵美さんのような素晴らしいアーティストを、この世に生んでくださって、恵美さんのご両親には感謝・感謝です🍀

投稿: すずめ食堂 | 2017年3月20日 (月) 18時44分

恵美さんこんにちわ。
私も父の死に目には、会えなかった一人です。亡くなる前日、いつもなら子供達が待ってるから早く帰れと言う父が、
めずらしく病院の面会時間ぎりぎりになっても、もう帰るのかって悲しそうにしていた事を思い出しました。
50を過ぎると、いつ自分があちらに行くのか、急に考えたりします。
日常の中で、好きなもの好きな事を見つけた時、大事にしなくちゃって
すごく思うようになりました。
恵美さんのカモミールサウンドは、
その中の大切な一つです(*^^*)

投稿: あこ | 2017年3月20日 (月) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東日本大震災から6年 | トップページ